映画やCM、MVと多岐にわたって活躍するムービーカメラマン”小林基己”のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Pandora Che-a
パンドラ、パンドラって、もう分かってるから!と言われそうだが、今回は違うパンドラである。
ライブと言えば撮影でしか行かないというこの俺が、今年5月に入ってから7回以上通っているというアーティストがいる。
それがChe-aだ!
Che-a HP

もともと、かなり好きなだったバンドThe Babysのベースの
Halunaが今年の1月からVo&KeyのMarikoと作り上げたバンド。それがChe-a
とにかくカッコいい!ライブを見る毎に完成されて行くパフォーマンス。だんだん厚みを増している楽曲。最近はバラードもグッと来る!

そんなChe-aがPVを作った。なんとそれが「Pandora」という曲なのだ!
だが、しか~し!それを撮っているのは私ではないのです…
ヽ(≧Д≦)ノ ウワァァン!!
こんなに熱心なオッカケなのに・・・・・・、はっ!まさか熱心なオッカケだからか?

まあ、なにはともあれChe-aの魅力が垣間見れるPVをご覧アレ!
ちなみにドラムは和田アキ子よりも身長があるというサポートのユウナ嬢。



そのChe-aが12/5下北沢 BASEMENT BARでイベントをやる。
題して【タイムマシーン vol.2】。もちろんvol.1は俺も行っている。その時に出会ったのがThe John's Guerrilla というかなりイケてるバンド。今回も良いラインナップに違いない!

残念な事に友達の結婚パーティーで俺は行けないんだけど、その分もみんな楽しんできて欲しい! Che-a主催のイベントだけに本人たちもかなりテンション上げてくると思うんで、最高に楽しめるライブになると思う。

一周年の時とかライブ撮りたいなぁ…とか思ったりしてるのです。
スポンサーサイト
B'z My Lonely Town 軍艦島
そうそう、10/14に既にB'z「My Lonely Town」という曲のCDが発売されていて、B'zでは初めてCDにPVのDVDが付属した形で発売されています。
実はそれって例外的な事らしく、今までB'zにとってPVは広告の一環で、それをPV集のような形で出すという事をメンバー二人が許さなかったそうで・・・(その考え方自体はかっこ良くて好きだな。)PVを目にするのは音楽チャンネルのオンエアをタイミングよく探すか、YouTubeなどに頼るしか無く、形になっているものは存在しないはずなんです。
それがファンの手元に届けられるのは撮ってる方としても嬉しい。
YouTubeには無かったけどdailymotion.comにPVがあったのでリンクしときます。


監督:高木 聡

今年の初夏に長崎の軍艦島で撮影したもの!
ロケハン、撮影と何度も軍艦島を訪れ、しかも毎回、荒波でフェリーを付ける事が上陸出来ず、漁船での無理矢理な上陸。
とにかくハードだったけど、印象に残る撮影だった。
それがフィルムにも焼き付いていると良いなぁ…
高木聡監督らしいフィルム張り付け裏巻などの荒技も随所に見られるのが嬉しい作品。
是非、初回限定版のDVD付きのものをお薦めします。

あ、あと「パンドラの匣」
今日からお昼の回とレイトショーのみになっているのでご注意を!
銀座でも午前中だけだけど上映始まりました。
愛しの西野カナ
最近、ミュージックビデオを撮る機会がすっかり減ってしまった。自分が映画やらドラマなど長尺ものを手掛けるようになった事でタイミングが合わないという事もあるが、やっぱり、MVからスタートしたキャリアだけに大事にとっておきたいスタンスである。

そんな中、デビュー前から何作品か撮らせてもらっているアーティストがいる。西野カナだ。デビュー前に業界関係者に紹介するためのコンベンションと呼ばれるイベントが行われる事が多い、そのための短いMVを2曲分撮る時に彼女を初めて目にした。その時は今とはちょっとイメージが違うナチュラルな感じで、その歌声と表現力に強烈なインパクトを受け、一発でファンになってしまった。それから半年以上経ち「I(アイ)」でデビューした時にあまりの変わり用にびっくりしてしまった。
それから「glowly days」、「Style」と続けて担当し、この間WISEとコラボレートしている「会えなくてもfeat.西野カナ」で撮影するのが4回目になった。


(監督:土屋隆俊)

で、このMV。WISEと西野カナの他に小悪魔Age haモデルの武藤静香、Popteenモデルの小森純、eggモ デルの幸田えりか、という三人のモデルがそれぞれの遠距離恋愛の形を表現している構成。でも、彼氏を出さないで恋愛を表現するのは難しいとは分かっていてもホント辛かった。出来上がったMVを見ると歌詞が内容を補足してくれているので、雰囲気だけは伝わる作品に仕上がっていると思う。
でも、びっくりしたのは、最近は雑誌モデルどうしで恋愛し、それをブログや紙面で公にしちゃってるのね。この「会えなくても…」は「遠くてもfeat.WISE」のアンサーソングになってるらしいんだけど(このパターンも最近やたら多いんだけど)、そっちのMVでは実際恋愛中のPopteenモデルの舟木久美子とMen’s eggモデルの佐藤歩が実生活さながらの忙しい合間のすれ違いをドラマにしている。
でも、何か大人がこういうの利用するのってズルい感じがするんだよね。Teen誌って今やこんな時代になってきちゃってるのね。



で、こっちが「glowly days」(監督:福井秀暁)
相対性理論 地獄先生
明日は「パンドラの匣」のカラコレ、最終日になります。今回はFinal Cut Studioに搭載されているColorで概略詰めておき、明日、丸一日かけてSpirit DataCineの部屋でda vinci 2K Plusで仕上げるといった行程。

そうそう、「パンドラの匣」と言えば、映画のクランクアップの一週間後にスピンオフ(と言えるのかどうか?)のようなMVを富永監督と撮影しています。
それが相対性理論の「地獄先生」。ハイファイ新書というアルバムに収録されています。



相対性理論のメンバーがかつて富永監督の自主映画の上映会に来ていたほどのファンだったということで、このコラボレーションが実現。しかも「パンドラの匣」でひばりの母親役で出ている洞口依子さんも以前から相対性理論のファンだということから出演を快諾。
ここでは母親役ではなく、健康道場のナース服を身に纏い、映画にも出演している笠木泉、瀬戸夏美、原陽子とともに病院の休憩時間の屋上という、シュールな世界観の中に身を委ねている。
タバコに火をつけようとしている洞口さんが数回の失敗の経て、最後にはシケモクの残り火で無事タバコに火がともるという展開を延々と1カットで2.5倍のスローで撮影したものをさらに引き延ばして見せている。

撮影時にもかなり印象に残る音だとは思っていたが、オリコン初登場7位!、iTune売り上げランキングでも邦楽洋楽総合で首位!これほどまでヒットするとは…今後、要チェックアーティストです。
ニュース「相対性理論のニューアルバム『ハイファイ新書』が、オリコン週間ランキング7位に登場」http://www.cinra.net/news/2009/01/14/155630.php




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。