映画やCM、MVと多岐にわたって活躍するムービーカメラマン”小林基己”のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
愛しの西野カナ
最近、ミュージックビデオを撮る機会がすっかり減ってしまった。自分が映画やらドラマなど長尺ものを手掛けるようになった事でタイミングが合わないという事もあるが、やっぱり、MVからスタートしたキャリアだけに大事にとっておきたいスタンスである。

そんな中、デビュー前から何作品か撮らせてもらっているアーティストがいる。西野カナだ。デビュー前に業界関係者に紹介するためのコンベンションと呼ばれるイベントが行われる事が多い、そのための短いMVを2曲分撮る時に彼女を初めて目にした。その時は今とはちょっとイメージが違うナチュラルな感じで、その歌声と表現力に強烈なインパクトを受け、一発でファンになってしまった。それから半年以上経ち「I(アイ)」でデビューした時にあまりの変わり用にびっくりしてしまった。
それから「glowly days」、「Style」と続けて担当し、この間WISEとコラボレートしている「会えなくてもfeat.西野カナ」で撮影するのが4回目になった。


(監督:土屋隆俊)

で、このMV。WISEと西野カナの他に小悪魔Age haモデルの武藤静香、Popteenモデルの小森純、eggモ デルの幸田えりか、という三人のモデルがそれぞれの遠距離恋愛の形を表現している構成。でも、彼氏を出さないで恋愛を表現するのは難しいとは分かっていてもホント辛かった。出来上がったMVを見ると歌詞が内容を補足してくれているので、雰囲気だけは伝わる作品に仕上がっていると思う。
でも、びっくりしたのは、最近は雑誌モデルどうしで恋愛し、それをブログや紙面で公にしちゃってるのね。この「会えなくても…」は「遠くてもfeat.WISE」のアンサーソングになってるらしいんだけど(このパターンも最近やたら多いんだけど)、そっちのMVでは実際恋愛中のPopteenモデルの舟木久美子とMen’s eggモデルの佐藤歩が実生活さながらの忙しい合間のすれ違いをドラマにしている。
でも、何か大人がこういうの利用するのってズルい感じがするんだよね。Teen誌って今やこんな時代になってきちゃってるのね。



で、こっちが「glowly days」(監督:福井秀暁)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。