映画やCM、MVと多岐にわたって活躍するムービーカメラマン”小林基己”のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5D MarkⅡ使ってみました!
ここんとこ続けて2回EOS 5DmarkⅡで撮影する機会に恵まれた。もちろん動画ですけどね。
映像配信サイトのオープニング用映像と某CMである。
結論から言うと「ビビった!」。自分でもD90を持っていて、それで撮影する機会も何回かあったのだが、Nikon派の俺としては認めたくない事実なのだが、D90に比べると5Dは圧倒的に奇麗だった。
マジ、ビビった!
(動画だけの話ですよ)

5D+zoom
5DにCanon製70-200mmのズームレンズを付けたもの

実は最近まで、5Dは露出がオートしか効かないし、絞りを固定するとしたらNikonやCONTAXのマニュアルレンズを使うしか方法が無かったのだが、最近のファームウェアのアップデートでマニュアル操作でシャッターや絞りの調整が出来るようになってしまったのだ!
ここぞとばかりにミュージックビデオやCMに引っ張りだこである。
何しろ、先日撮ったオープニングの映像が評判良かったらしく、その制作会社ではREDで予定していた作品も軒並み5Dに変わってしまったという噂…。
低コストだから、小型だからというメリットもあるが、やはり皆がこぞって使うのは歴然とした画質の違いだろう。やはり、フル35mmの被写界深度は開放で使わなくとも十分に奥行きを味わえる。

ただ、改善すべき点もまだ多い。
巷で言われているCMOSの走査速度の遅さから横に流れるもの(パンや横移動撮影、走り抜ける車など)が斜めに歪むのである。これはD90よりも少しはマシだが、明らかに認識出来るレベルである。
もう一つは、HDMIから変換してSDI-HDでモニタリングした時にRECを始めてから数秒間、映像が表示出来ないという現象だ。ただ、これはロットによって1~4秒と様々である。当たりのボディだと良いが、4秒かかるボディに遭遇する率が高い。RECはされているのだがモニタリング出来ないため、事実上、ビデオテープのプリロールを待っているような感覚である。
しかもREC中はSD映像になってしまうのも考えものだ。フォーカスをレンズに付いているメモリによって会わせる事が困難なAFレンズにとってSDの画像でフォーカスを送るのは難しい。REC中でもHDのまま映像を出す方法が見つかると良いのだが…。
最後にはレンズだ。スチール用のレンズはフォーカスを合わせるのが困難な上に、この浅い被写界深度。ズームも滑らかな動きは望めない。
Canonがムービー用のレンズを作ってくれれば良いのだが、そう世の中も甘く無いだろう。他のサードパーティーが頑張って作ってもらえると嬉しいのだが…。

5D+28mm
特製ステーに固定しスライドベースを利用出来るようにした場合

さて、厳しい事も書いてしまったが、それもこれもEOS-5Dに期待するところが大きいからである。あ、そうそう。「ハイスピード撮影が出来るように…」なんて贅沢な事は言わないので、せめて24P撮影が出来ると嬉しいのになあ。

ちなみに「スラムドック$ミリオネア」の一部がEOS-5Dで撮影されたという噂が立っているが、どうも5Dとは限らないらしい。一部をCanon製のデジタルスチルカメラで撮影した、と来日時に監督が言っていた事から、5Dではないかと言う憶測が事実のように語られてしまったことが発端らしい。

ともかく近日中にEOS-5D MarkⅡを購入していることだろう。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。