映画やCM、MVと多岐にわたって活躍するムービーカメラマン”小林基己”のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
深夜食堂
最近気になっているコミックがある。
「深夜食堂」。
深夜食堂 1 (ビッグコミックススペシャル)深夜食堂 1 (ビッグコミックススペシャル)
(2007/12)
安倍 夜郎

商品詳細を見る

「営業時間は深夜0時から朝の7時頃まで。メニューは豚汁定食にビール、酒、焼酎……それだけ。あとは勝手に注文してくれりゃあ、できるもんなら作るよ。」と帯に書いてある通りの食堂というよりは飲み屋が舞台。ヤクザだったりストリッパー、役者の卵、ゲイなど…一癖も二癖もある登場人物が毎回代わる代わる登場する。新宿は花園界隈の店が設定というから、これだけバラエティのあるお客が揃うんだろう。
毎回1話完結で予定調和的な人情話を繰り広げるのだが、俺が惹かれてしまうのは「こんな店あるよね」と感じるリアリティだろう。三軒茶屋でいうと「食堂おさか」「75丁目」「こけしや」「五天山」あたりを彷彿とさせる雰囲気は、かなり親近感湧くのである。

ストーリーが面白いかと言ったら、実はマンネリ気味でちょっとつまらない。でも、だからこそ映像とかにしてみたら「かもめ食堂」的なユルい良い作品になる余地があるのでは?と密かに思っていた。
そしたら…、TBSでドラマになる事が決まったらしい。
主演は小林薫。監督は松岡錠司山下敦弘ら映画系のディレクターも参加するらしい。

こういう時はちょっと悔しく思ったりもする。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。