映画やCM、MVと多岐にわたって活躍するムービーカメラマン”小林基己”のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
川上未映子「ヘブン」を読む。
昨日、書店で「ヘブン」を見つけ、慌てて購入。
川上未映子信者だというのに今月初めに出ていた事に気付かなかったとは…
そして今日読み始めたら、あまりに自分の中学時代と重なるところがあり、先が気になるばかりに一気に読破。

個人的には川上未映子最高傑作ですね。

ヘヴンヘヴン
(2009/09/02)
川上 未映子

商品詳細を見る


「苛め」を題材に描いているんだけど、最終的には根源的な善と悪との問題を描いている。
ちょうど「パンドラの匣」のクランクインの前から書き出していて、その時に哲学は奥が深くてまだ題材にするには勉強不足だけど、次の作品は倫理をテーマに描きたい。というような事を話していた。
作品中盤で苛められている主人公と苛めている百瀬という男の長い会話があるんだけど、とても中学生には思えない倫理観の応酬は、圧倒的なパワーで読者の善悪観を揺さぶってくる。

実際に酷い苛めに遭ってきた人からすればファンタジーに思えるという評価もあるけど、似たような苛めに遭ってきた自分から見ても、主人公の考え方はリアルに感じ取られる。
そう、考え方次第で世界を一転させる事が出来るのだ!その考え方を手に入れるために自分は苛められていたんじゃないだろうか?と思うくらいだ。
でも、これって取材なのかなぁ?体験なのかなぁ…。
敢えて時代設定を1991年に中学2年生にしてるところを見ると、川上未映子の年代と被るんだけど…。

今まで苛めを描かせたら乙一の右に出るものはいないと思ってきたんだけど、川上未映子はその上を行ってるかもしれないなぁ…
スポンサーサイト
コメント
コメント
おっと、最高傑作。楽しみ。
2009/09/24(木) 14:44:33 | URL | isoya #7d0klI8U [ 編集 ]
ご訪問、ありがとうございます
小林さまへ。私のブログにご訪問いただき、ありがとうございます。
 「パンドラの匣」、個人的にはかなり好きな映画です。
6月の完成披露試写で見ました。
 あれから時間がたっていますが、それでも映画のイメージがしっかり残っています。(この映画、3つの雑誌でご紹介しました)
 映像、とても良かったです。川上さん演じられる竹さんを乗せたバスが、健康道場へと向い、竹さんが目を覚ますと、そこには別世界が広がっている……。
 とても、うまい導入部ですね。
 俳優たちの顔を魅力的に撮られていると思いました。
 映画の公開、まもなくですね。応援しています。
2009/09/27(日) 00:54:41 | URL | raincity3 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。